フレイム・アナリーゼ® ストーリー 

2011年3月11日

「オフィス・マリカ」が誕生しました。

 

どうしてこの日を選んだのでしょうか。

 

毎日が忙しくて自分のことについて考える暇がなかった20代、30代の約20年間の銀行員時代。子供を同居の義父母に預けフルタイムで働いていました。その後、家族の看護のため退職し、専業主婦になると、外出のための服を選ぶことが自分にとって、大きなストレスとなりました。

 

服が自分の内面をうつしだしていることをなんとなく自覚していたのかもしれません。内面の自分とちっとも合ってない洋服を「主婦らしいから」という基準で選んで着ていたことがストレスにつながっていたようにも感じます。

 

振り返ってみると、中学、高校、銀行員とそれまでの日中の活動時間のほとんどは、制服ばかり着ていました。自分を服で表現するということについて、あまり考えていなかったのですね。

 

私に似合う服。

 

2010年4月、その答えを求めて、プロにパーソナルカラー診断をしてもらいます。

 

物心ついたときから洋服が大好きだった私は、パーソナルカラーについても20代のころ、アメリカから日本に上陸した際、興味を持ち独学で研究したことがあります。そして、なんとなく知っているつもりになっていました。自分に似合う色は「サマー」だと勝手に思いこんでいました。

 

実際にプロの方に診断してもらったときに、想像以上に衝撃を受けました。

 

 

オータムの色が顔色をこんなに悪く見せてしまうなんて。

 

「ウインター」の濃いピンク色が、私の肌の色をきれいに見せてくれる色だったなんて!

 

 

ショックのあまり・・・

 

家に帰る電車の中で

 

「これをもっとたくさんの人に教えてあげたい!」

 

そんな気持ちが頭から離れませんでした。そのとき、もうすでに自分が誰かのためにカラー診断をしている姿が脳裏に浮かんでいました。

 

その日の晩からインターネットを使ってスクール探しをしました。そこで骨格診断との出会いがあります。

 

パーソナルカラーと骨格診断のスクールを卒業し、サロンを開業することを決めると、開業日をいつにしようかと悩みます。散々悩んだ挙句、結婚記念日である3月11日を開業の日と決定します。理由は「忘れない日」にしようと思ったから。このあと世界中が忘れられない日となってしまったのです。

 

日程についても「決める」ことについて納得のいく理由があれば、悩むこと(ストレス)が少なくていいと思いました。洋服も、日程も、悩むことは時間の無駄になりますよね。

 

そして、「パワーチャージ風水」の本の著者の谷口令先生に会いに自由ヶ丘に行きます。初めてお会いした日にその場で(財)風水心理カウンセリング協会の認定カウンセラー養成講座一期生募集の申込みをします。迷いは全くなかったのです。

 

風水を学ぶ中で出会った人からの縁が広がり・・・

 

翌年の春分の日に、銀座ヘアー・デフィの「伝説の美容師太田靖之先生」と出会います。(私が骨格診断をするきっかけになったストーリーはまた別の機会に・・・)

 

2014年春から、本格的に銀座で骨格診断をするようになり、何かキャッチコピーがあるといいですね、ということを太田先生と二人で話していました。その会話の30分後、東京駅へ向かって歩いていると、不思議なことにコピーライターさんが前から歩いて来るではありませんか・・・!

 

すれ違う瞬間思わず

 

「高橋さん!私、今キャッチコピーが欲しいんです。」

 

高橋さんは「楽しくなければテレビじゃない」というテレビ業界の流れを変えたキャッチコピーを書いた伝説のコピーライターさんです。

 

そしてできたキャッチコピーが

 

 

「こころと一緒に服も、着替えよう」

 

「フレイム・アナリーゼ」

 

 

です。

 

 

女性をストレスから解放し、美しくすることを仕事にしたい

 

そんな思いから誕生したのが「フレイム・アナリーゼ」なのです。

 

銀座VIPカウンセリングコースへ

 

ICB卒業生のライフスタイル
取材を受けました♪

オフィス・マリカ

提携サロン

東京都中央区銀座6-6-19 6F

銀座美容室ヘアー・デフィ 

地下鉄銀座駅B7出口 徒歩3分

(ソニー通り沿い)

カウンセリング日程

日程:平日、土曜日

時間:11:00~17:00

 

定休日:日曜日、祝日

ショッピングレッスンはご相談に応じます。

MALIKA ブログ

QLOOKアクセス解析