生まれ持った体質によって、筋肉のつき方、脂肪のつき方、関節の大きさから、3タイプに分類するファッションメソッド「骨格診断」※をベースにしたファッション理論が「フレイム・ファッション®」です。

 

ストレートタイプ(つるん) / ウエーブタイプ(ふんわり) / ナチュラルタイプ(ざらざら)

 

従来の「骨格診断」との違いは、『思考が現実をつくる』という心の部分(内面や見えない意識)にフォーカスして「骨格は自分が選んでいる」という考え方を服選びに活かすところが特徴です。

 

それぞれのフレイムタイプごとに似合うアイテムがあります。

 

 

  • 素材(綿、麻、シルク、ウール、シフォン、ベロア、ナイロン、ストレッチ等)
  • デザイン(ジャケット丈、スカートやパンツのデザイン・丈、襟のカタチ、袖のカタチ、ワンピースのカタチ、生地の柄等)
  • アクセサリー(宝石の種類、パールの粒の大きさ、ネックレスの長さ)
  • 靴、バッグ、時計、ヘアースタイル


など細かいところまで、フレイム(型・骨格)に似合うファッションアイテムを知ることができます。 

 

 

なんとなくの感覚だけで選んでいたファッションが、どうして似合わなかったのか、その理由がわかり腑に落ちると、今後のお買い物の失敗がなくなります。 フレイムタイプに合わせたファッションは、より背が高く、より足が長く、より着やせして見えるなど、スタイルが良く見えるファッションです。

 

フレイム・ファッションの診断方法は、お洋服を着たまま、デコルテのあたりや、背中、腰、ひざなどに少し触れさせていただき、分析します。 

オンラインでも、画面を通じて診断を受けることもできます。

 

  • ストレートタイプ(つるん)・・・定番スタイル、ベーシック
  • ウエーブタイプ(ふんわり)・・・ソフト、ボディコンシャス
  • ナチュラル(ざらざら)・・・ラフ、カジュアル

 

フレイム・ファッション理論では、「現実より先に思考がある」ことを前提として、自分がなりたい人生に合わせた骨格を持って生まれてきていると考えます。これまでの思い込みを外して、現実の身体を基準に「似合う服」を見つけてみましょう。

 

「フレイムタイプ」を知ることで、自分は何をしたくてこの世界に生まれてきたのかという人生の目的を知るヒントにもつながります。

 

兄弟順位(第一子、中間子、末子、一人っ子)もフレイム(型)としてとらえると、気質の違いにから似合うファッションにも影響があります。

生まれ持ったフレイムを軸にして、兄弟順位や職場での立場などの環境による他のフレイムとあわせて、人生の状況それぞれに応じたファッションを楽しむことは「フレイム・ファッション®」の醍醐味です。

 

 

 

※骨格診断は柘植裕子氏による「骨格構造によるファッションタイプ診断」の原型メソッドをICBインターナショナルの二神弓子氏が継承し確立したファッションメソッドです。